黒犬シンドローム

今 そう今 最近ご無沙汰していた「Dog Actually」のサイトにお邪魔して読んだコラム

ライター ガニング亜紀さんのコラム

アメリカのシェルターにおける「黒い犬の引き取り手がみつかりにくい」ということに関する内容なのだが 興味深い

http://www.dogactually.net/blog/2012/05/post-224.html

その名も ブラックドッグ シンドローム

なぬなぬ?その原因として

顔立ちや表情が見えにくい 確かに….

写真に納めるのが難しくインターネットの里親募集中の写真で印象に残りにくい んー 一理ある……..かも…..

英語の表現で 鬱病のことを ブラックドッグと呼んだりします….

えーそうなんだ それはあんまりだよなー いや 黒犬に対して

何とも ひどい言われようの黒犬ですが うちのお嬢さん かわいいです

そういえばラフィー母の里親募集写真 いつも上手だもんなー

笑顔引き出すの

 

広告

黒犬シンドローム」への2件のフィードバック

  1. ケビン母(^^)

    ハッ~クション! 誰かのうわさしてるようで。。(*´∀`*)

    ちなみに我が家の場合、
    ケビン&そなすはやはり集客力低いです(笑)
    同じく顔だしの小さい黒組も。
    (多分、モノ珍しさが無いサイズってことと、顔がコワイのでしょうね。笑)
    顔もじゃのハヤテは別格の印象なのか、色は関係ないようですこぶる人気、。。
    白モジャは意外と不人気、でもってダントツは
    いつでもどこでもやはりゴル色のモジャ雄です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中