5日経過

震災から5日が経過しました。

被災地の方々の状況をラジオやテレビなどから見聞きしながら常に心の中にはグレーの靄が立ちこめているような状態です。いわきの空のように。

地震が起きて無事はすぐに確認できたものの、その後3日は家族と連絡がとれず状況がつかめないもどかしさに苛まれました。

やっと連絡がついて知ったのは3日目にして電気が復旧し、4日目に水道が復旧するまでは食事はもとより、ろうそくの灯りの中で余震に怯える状態が続いたとのことでした。

それでもまだ浜通りの相馬の方々、いわきの方々に比べれば少ない被害で済んだことを幸いとしなければいけないのでしょう。

自分だけが被災地から遠くはなれた土地で普通の生活をしていることに申し訳なさ気持ちを感じ、節電や寄付しか出来ないことにもどかしさを感じます。

原発の状況を枝野大臣の緊急会見で見聞きし、地元の状況を憂う日々が続きます。

出来ることをしなければ、と気持ちではわかっていても仕事が手につかない状況が当分続くでしょう。

このブログを読みにきていただいている方々も様々な状況で不便な生活を強いられていることと思います。気持ちを強く持って前向きに…まだ進めなくても視線をあげて、前を見つめて、頑張る気持ちだけは絶やさないでいきましょう。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中