冬のトレイル

近所のトレイルを歩きに行く。家から車で10分。冬は氷瀑を見にお客さんがくるところ。つまり日陰は寒い。日向は暖かいと言っても気温はマイナス。沢沿いのトレイルなのでなおさらなのです。

そしてバークンブーツの出番なわけです。

わたしもスノーシューを用意したものの積雪量の少なさに車に置き去りです。

トレイルに足跡が無くなったらその先お客さんはいないということでノーリード。というか、引きずってますが。

うちに来て間もない頃のドリーはノーリードでの反応がわからフリーにできませんでしたが、最近は人や犬が近くにいなければまったく問題なくなりました。

距離が開けばこちらを確認。ドリーのコールで一目散に駆け寄る。そして体当たり。膝にくるからこちらも本気でタックルをかわす。やめてほしいんですが。

ここまでは順調なトレイル歩き。そのあとが問題です。沢筋を徐々に登るように続くトレイルで沢との落差がかなり出てきたとき。

マックがいつもの調子で沢に下る。と、落葉樹の落ち葉プラス凍結した地面、そしてバークンブーツ。いつもなら爪をおっ起てて登れる急斜面もずるずると。情けないびびりの入った顔でこちらを直視。クライミングで岩に張り付く初心者のような。

そして予想通り。駆け上がるうちにブーツが脱げて谷底へ落下です。あー、あー。高かったのになー。で出資者の私としては落ちたブーツが見えてるだけにあきらめきれずロープもないのにダウンクライミング開始。

無事回収してきました。そんな状況で写真を撮る余裕もなく。まあ、こちらも場所によってはアイゼンが欲しいところもあったので、かれらも爪が使えたほうが楽は楽なわけで。ということで帰り道はブーツ没収。

トレイル越しにも湧き出た水がそのまま凍ってできたつららのオブジェ。2時間の散歩、うち30分はブーツの回収という半日ツアーでした。

トレイルにご興味のある方へ 長野県茅野市北山にある横谷温泉旅館からエントリーできます。十分な防寒対策でお出かけください。ブーツを谷底へ落とす癖のある愛犬をお連れの方はハーネス、ロープ(50m)、カラビナ4つ、アイゼンも御持ちいただくと便利です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中